NEWS

お知らせ

塾長ブログ
塾長ブログ No.61 2023/12/5 第2回 高校進学セミナー開催

12月3日(日)午前10時~11時30分
中学3年生保護者様・生徒さん対象『第2回高校進学セミナー』を開催しました。

保護者様・生徒さん併せて32名のご参加。
パネラーは、学窓社ゼミの細見講師(神戸大学)・中森講師(神戸大学)と高校2年生コースから三島君(篠山鳳鳴高校総合科学コース)が勤めました。

この時期は、ほとんどの生徒さんが志望校を決めていますので、今回のポイントは受験勉強と高校入学後の成績、また各自の志望校での入学後の注意点などをメインにお話しました。

ここ数年丹波篠山市外の高校へ進学する生徒も増えつつあります。
基本的には、最終的な志望校への進学は生徒さんが決めるべきだとは思いますが、「雰囲気だけ」で選んでのミスマッチがやはり出てきております。
これは市内の学校でも同じだと思いますが。

例えば、通学時間。
はじめは何とかなると思っていた通学時間も毎日のこととなり、さらに部活動が入ってくれば、これに疲れが出てくることもあります。
朝練習の参加となると始発列車やそれに近い時刻の電車に乗って学校へ行きます。
また、帰りが遅くなることも多くなると勉強時間の確保が難しくなります。

また、定員に満たない学校やほぼほぼ、定員と志願者が同じ高校も多くなってきてます。
これにより、「しっかりと受験勉強」をしないまま高校に入学する生徒も増えてきています。

数学や理科で特にこの傾向が顕著になってきています。

今回のセミナーのポイントの一つは、受験勉強をしっかりして入学することの大切さです。
パネラーの3人もこれについては自分の経験を踏まえて、話をしてくれました。

また、大学受験についても、同じことが言えます。
中森講師は、「高校1年生の12月にあった学ゼミの大学入試セミナーで先輩の話を聞いて、やっていかなくてはならないなと思った。」と話してくれました。
現役生の三島君も同様に少しずつ大学入試を意識した勉強は1年生の12月位から始めましたと。

細見講師は、高校3年生の部活(軟式野球部)終了後本格的な受験勉強を始めましたが、それまでに英語・数学、また理科はほぼ完璧にしていたので、短期間で受験勉強に打ち込めましたとこちらも自身の体験を話しました。

まず、苦手科目の克服を冬の目標にしていけばいいですね。
中学1年生・2年生の皆さんにも言えることです。
例えば、理科が苦手(非常に多いです)な人は、進んで理科の勉強をすることはないと思います。
つまずいているところがわからなかったり、物理や化学の分野が苦手な人は、中学1年生・2年生対象の理科学習会を利用してください。

最後に、お忙しい日曜日にお時間を取ってくださりありがとうございました。
中学生1・2年生、また小学生の保護者様も参考になさってください。

関連記事